階段下の活用法

Posted by コウ | Posted in 住宅 | Posted on 06-05-2018-05-2008

0

階段をどこに設けるか、どのような種類の階段を設けるかで階段下に生まれるデッドスペースの活用法も変わってきます。今までは、階段下というと日用品や掃除機などを収納する収納庫が設けられることが主流でした。しかし、最近では階段が設けられる位置がリビング内と変化していることで、階段下のデッドスペースの活用法も多様化しているのです。

私が以前住んでいた二階建て住宅の階段下には収納庫が設けられていました。奥行のある収納庫で奥にいくほど天井が低くなっていました。照明が設けられていなかったので夜は物の出し入れがしにくかったですし、奥に収納した物を把握しにくく、奥の物を取り出す時には手前の物を出してから出さなければならず使い勝手のいい収納とは言えませんでした。

そこで新居では全く違う活用法を取り入れたのです。廻り階段の下にトイレを設けたのです。便器を設置している一部分の天井が低く、階段下ということで特殊な形状をしています。しかし、用を足すには全く問題がありますし、一部分の天井が低くても狭さや圧迫感を感じさせることはないのです。

階段の上り初めから途中までの階段下はトイレの収納スペースとして利用しています。トイレ収納としては十分な広さを確保できたことで、トイレットペーパーやサニタリー用品、子ども用便座、手拭きタオルなどトイレ内で必要な物がしっかりと収められています。特売日にトイレットペーパーを買い込んでも収納場所に困らないというのは助かります。階段下を余すとこなく上手に活用させたいものです。

家事ラク住まい

Posted by コウ | Posted in 住宅 | Posted on 22-03-2018-05-2008

0

主婦にとって家事は365日休みがありません。そこで住宅に求めることは、家事がラクに行え、家事への不満や負担を感じないようにすることです。家事の効率化を図り、家事の時短に繋がることで住まいの居心地の良さを実感できるのです。

そこで我が家は、キッチンの横に洗面・浴室を設け、これらの空間を繋げました。さらに洗面室には勝手口を設け、そのまま外に出られるようにしました。勝手口の先には洗濯物干し場を完備しており、洗った洗濯物を抱えて移動する手間がほとんどなく、洗濯物を干すことができるのです。洗う→干すという作業が効率よく行えますし、重たい洗濯物を抱えて移動する手間が省けることで体に負担もかかりません。

そして、洗面室の天井には室内干しを設けています。乾いた洗濯物を取りこみ、他の家事で追われ洗濯カゴに洗濯物がいつまでも置きっぱなしになっていることはありませんか。それでは洗濯物がシワになってしまいます。洗面室に室内干しを設けたことで、屋外に干している洗濯物をここにサッと移動させることができます。洗濯物をたたむ時間がない場合は、ここに一時置きしておけば洗濯物がシワになることもないのです。

キッチンで夕飯の支度をしながら、浴室で入浴の事前準備を行ったり、朝食の支度をしながら洗濯を行ったりと同時に2種類の家事を行うことがある二つの空間だけに、繋がった間取りにすることで家事の効率が高まり、家事のしやすさを実感できています。毎日の家事や育児に慌ただしく過ごすママもこのような間取りにすることで、家事や育児の負担を軽減できると思います。

階段下にトイレ

Posted by コウ | Posted in 住宅 | Posted on 09-01-2018-05-2008

0

階段は一階と二階を繋いでくれる大事な通路です。しかし、階段を設けることで階段の下にはデッドスペースが生まれてしまいます。このデッドスペースを上手に活用しなければ住宅への不満となってしまうのです。階段をどこに設けるか、どのような種類の階段を設けるかで階段下に生まれるデッドスペースの活用法も変わってきます。

我が家は、リビング内に廻り階段を設けました。この階段下にはトイレを設けました。便器を設置している一部分の天井が、通常の天井の高さに比べて低く、階段下ということで特殊な形状をしています。しかし、トイレに狭さや圧迫感を感じません。それは窓からしっかりと明るさを確保できていることと、クロスやクッションフロアの色味やデザインが明るく、爽やかなものを選択したからです。もちろん用を足すのも全く問題がありません。

階段の上り初めから途中までのデッドスペースはトイレ収納として利用しています。トイレ収納としては十分すぎる広さを確保できているため、トイレットペーパーやサニタリー用品、掃除用具や子ども用便座、手拭きタオルなどトイレ内で必要な物がスッポリと収められていますし、特売日にトイレットペーパーを買い込んでもきちんとここに収納しておくことができるのです。

一体感のあるLDKの一部分に設けられているトイレなので、トイレへの動線上にはアーチ状の垂れ壁で空間を緩やかに仕切り、トイレへ行く人の目線と、リビングからの目線が気にならないように木の格子を設けて、気になる視線を緩やかにカットできるようにしたのです。このような配慮を行ったことでトイレへの動線も短く、気になる視線を感じることもなく、そして階段下を余すとこなく上手に活用でき非常に満足しています。

リビング階段

Posted by コウ | Posted in 住宅 | Posted on 06-08-2016-05-2008

0

リビング階段は非常に人気で多くの住宅で取り入れられています。リビング階段と言っても階段の種類は様々です。リビング内に階段があるタイプもあれば、階段の入り口がリビングに面しているだけのものもあります。リビング階段でも前者のように、階段自体がリビング内にあるスタイルは、階段がリビングのインテリアの一つとして考えられることも多いです。螺旋状のリビング階段はデザイン性が高いです。

リビング階段のメリットは、家族のコミュニケーションを大事にできることです。二階へ行く場合は、必ず家族の集まるリビングを通らなければ二階へ行くことができません。家族がリビングで顔を合わせる機会が自然と作りだされ、コミュニケーションも生まれやすくなるのです。

階段を設けることで階段の下にはデッドスペースが生まれます。デッドスペースの活用法もリビング階段は一風変わっているのです。階段下の活用法で多いのは収納です。リビング階段の階段下は、収納スペースを設ける場合でも、隠す収納よりは見せる収納としてインテリア性を高めたものが人気です。

また階段下を収納スペースとして利用するのではなく、居住スペースの一部として、カウンターを設けてパソコンスペースやスタディコーナーとして利用することもあります。階段をどこに、どのような形状のものを設けるかで住まいの印象も、その下に生まれるデッドスペースの活用法も変わってきます。それだけに家造りを行う際には、階段から考え始めるのもおもしろいかもしれません。

二階で過ごす時間を大切に

Posted by コウ | Posted in 住宅 | Posted on 28-04-2016-05-2008

0

我が家には4歳と2歳の子どもがいます。子どもがまだ小さいことから一階と二階で過ごす時間を比較すると断然一階で過ごす時間の方が長いのです。しかしせっかくの二階建て住宅で二階は寝る時しか使用しないというのでは空間がもったいないなと以前から思っていました。そこで新築住宅では二階で過ごす時間も大切にできるように、階段を上がった先のホール部分を利用しファミリースペースを設けたのです。

家族で集う空間が二階にもあることで二階で過ごす時間を増やすことができています。ここに子ども達のおもちゃを並べています。今まではリビングに置いていたおもちゃをこのファミリースペースに並べたことで、リビングに子どものおもちゃが散らかりにくくなり、リビングがよりくつろげる空間となっています。ここをキッズスペースとして利用できているのは、吹き抜けに面して設けられているからです。

子ども達だけで遊んでいても、吹き抜けを通して一階に子ども達の様子を伺うことができます。互いに安心できます。会話をする時は吹き抜けに向かって話しかければ一階と二階で会話もしやすいのです。ここにはカウンターも取り付けているため、子ども達が成長すればスタディコーナーとしても利用したいと思っています。また、寝る前の時間をここで過ごすこともあります。寝室からより近い場所で過ごすことで、いざ眠くなった時もスムーズに寝室へ行き休むことができますし、子どもの寝かせつけも楽になりました。二階で過ごす時間も増え、一階では味わえない時間を二階で過ごせています。

パソコンスペース

Posted by コウ | Posted in 住宅 | Posted on 16-03-2016-05-2008

0

私は家事や育児の合間に自宅でパソコンを使って仕事をしています。そこで新築住宅に求めたことの一つが、パソコンを集中して行えるスペースを確保することです。今まで住んでいた住宅では、ダイニングテーブルを使用してパソコンで仕事をしていました。食事の度にパソコンを片付けなければいけませんし、仕事をするのも食事をするのも同じスペースというのも生活にメリハリがなく嫌でした。

そこで新築住宅ではキッチンの隣にパソコンスペースを設けてもらいました。家事の中心であるキッチンの横に設けたことで、家事の合間の時間を利用してパソコンを使って仕事をしたり、夕飯のレシピ検索を行えるようになりました。またダイニングで食事をする子ども達や、リビングや和室で遊んだり、昼寝をする子ども達の様子にもしっかり目が届きながら、安心してパソコンで仕事をできるのです。このパソコンスペースは広めに横幅を確保しました。広さに余裕のあるパソコンスペースを設けたことで、パソコンの隣で洗濯物をたたんだり、家計簿をつけたりとちょっとした作業スペースとしても利用できます。

将来的には子どものスタディコーナーとしても活躍できます。私がパソコンで仕事をする隣で、子ども達が勉強をすれば、宿題のチェックもしやすく、このスペースが親子のコミュニケーションの場の一つにもなります。カウンターの下にはオープン棚を設けました。プリンターやパソコン関連用品をしまうのに最適です。またカウンターの上には扉付きのキャビネットを設けました。書類をしまうスペースとして重宝しています。パソコンスペースを設けたことで仕事をする時間がより充実しています。

可変型の子ども部屋

Posted by コウ | Posted in 住宅 | Posted on 11-02-2016-05-2008

0

住宅の中で一番変化が求められるのが子ども部屋です。子ども部屋はこの変化にしっかりと対応できるようにしておきましょう。大抵はクローゼットは造り付けです。このクローゼットを可動式のものにすることでレイアウトの変更が可能になるのです。子どもが増えたら部屋も増やせるようにしておくと将来性もあります。また子どもの成長に合わせてその時々の子ども部屋を作りだすこともできます。

子どもが小さい間は個室を設けるよりも広々とした空間で走り回ることができたり、のびのびと遊べる空間があるといいものです。そして小学生頃になると共に遊んだり、共に勉強できる子ども部屋として利用します。広々とした子ども部屋をこの可動式クローゼットを利用し勉強するスペースと眠るスペースとして分けて利用するのもいいと思います。この時は完全に二つの空間に区切るのではなく、セミクローズの子ども部屋にして将来的に個室になる予行練習をする段階にしてもいいのです。

中学生頃になると子ども達それぞれに一人の空間を求めるようになります。その時はワンルームの子ども部屋を2つや3つに完全に分けるのです。可動式にしておけばこのように段階を踏んで空間をアレンジすることができるのです。また子どもが成長するといずれ巣立っていきます。その時は可動式クローゼットを動かし、広々ワンルームに戻すのもいいですし、趣味部屋と収納部屋と言う風に空間を利用するのもいいのではないでしょうか。一番変化が求められる子ども部屋は変化に対応できる空間造りをしましょう。

LDKに一体感とメリハリを

Posted by コウ | Posted in 住宅 | Posted on 08-01-2016-05-2008

0

最近ではLDKの一体感を高めた間取りが非常に人気です。できるだけ壁や建具で空間を区切らずオープンにすることでより広さや開放感を感じられる家にすることができるのです。キッチンは対面式のフルオープンキッチンでここにも吊り戸棚や壁を設けず、コンロ部分は耐熱用のガラス張りで視覚を遮らないようにするのが人気です。広さや開放感を得るには視線をできるだけ遮らず、奥に繋げる工夫をしましょう。

コンロ部分を壁にするのではなく、視線が奥に繋がるようにガラス張りにすることで空間的な広さを感じられるのです。しかしこのようにLDKの一体感を追求するあまりに、空間にメリハリを失ってしまうこともあります。LDKの一体感をそのままにしかしそれぞれの空間を緩やかにゾーニングすることで空間にメリハリも生まれるのです。

例えばキッチンとダイニングを横並びに配置する場合、キッチンとダイニングの間にはアーチ状の垂れ壁で緩やかに空間を区切ることでメリハリを付けられます。また高低差を出してゾーニングするのも有効です。家族団らんとなるリビングをダウンフロアにするのです。階段2、3段下げることで天井が高くなりリビングにより広さや開放感を感じられるようになるのです。

またLDKのアクセントとしても有効な木の面格子をダイニングとリビングの境に設けるのもいいと思います。面格子なので視線は緩やかにカットしながらも明るさはしっかり取りこめるので閉鎖的な印象にはなりません。このようにLDKの一体感を大事にしながらもそれぞれの空間を意識できるようにメリハリをしっかりとつけることも忘れないようにしましょう。

我が家のウッドデッキ

Posted by コウ | Posted in 住宅 | Posted on 04-11-2015-05-2008

0

マイホームにウッドデッキを設けるのが以前からの私の夢でもありました。そんな我が家もついにマイホームを建てることになり、間もなく完成します。私の夢でもあるウッドデッキを設けることができました。リビングに面して設けられたウッドデッキは横幅が広いです。横幅が広いだけでなく奥行も持たせました。室内とウッドデッキの間にできるだけ段差がないようにしてもらいました。段差があることで行き来がしにくくなり、ウッドデッキを次第に大切にしなくなりそうなのでそれを避けました。

また段差がなく行き来がしやすいことで、小さい子どもから高齢者まで安心して行き来ができるようになります。またこのウッドデッキの上には同サイズの二階のバルコニーを設けています。これがウッドデッキの屋根代わりとなり雨の時でもウッドデッキを使用できるようになっています。ウッドデッキを設けることで、室内の延長としてアウトドアリビングを楽しめる空間を得ることができるのです。

天候がいい時には、ここで食事をしたり、お茶をしたり、子どもと遊んだり、ペットと過ごして楽しむことができるのです。またこのウッドデッキがあることで、室内と庭を繋ぐバイパス的な存在にもなってくれるのです。庭をいつまでも大切に心がけるという意味でもウッドデッキは一役かっているのです。ここにガーデンファニチャーを置き、アウトドアリビングをより充実させたいと思っています。このような空間があることで住宅での過ごし方に幅を広げてくれることと思います。

パソコンスペース

Posted by コウ | Posted in 住宅 | Posted on 09-10-2015-05-2008

0

間取りを考える上でパソコンスペースは欠かせませんでした。これをどこに設けるべきか頭を悩ませました。私は家事や育児の合間にパソコンを使って仕事をしています。また主人も写真を整理したり、仕事で書類を作成したりとパソコンを使用することがあります。子ども達はまだ小さいため使用することはありませんが、成長と共にパソコンを使用する機会も増えるでしょう。パソコンスペースは家族全員が使用しやすい場所に設ける必要があるのです。

最近ではLDKが一体化した間取りが人気です。我が家も広さや開放感を得るためにLDKに壁や扉を設けず一体感を出した間取りにしました。そこで家族みんなが集まるLDKにパソコンを設けることで、使いやすく、空いた時間にサッとパソコンを使用することができるのです。キッチンに設けた腰壁にダイニングテーブルとの高さを合わせ、床から70㎝の高さに造作カウンターを設けました。腰壁の2/3の長さのカウンターは家族が二人並んでもゆったりと座れます。カウンターの下には可動棚の収納スペースを設けました。使わない時はここにノート型パソコンをしまいます。またプリンターや用紙などパソコン関連用品もここに収納しています。パソコンを使用しない時はカウンターの上をスッキリさせることができるのです。

ここをパソコンカウンターとしてだけ使用するのではなく、子ども達が成長した時、勉強できるスタディーコーナーとしても活用したいと考えています。デザイン性にもこだわりました。棚受けはアンティークデザインのオシャレなものを使用しました。オシャレなカウンターはお茶を飲んだり、カフェ気分を味わえる空間としても活用できるのです。多目的に使用できるカウンターがあると便利ですよ。