東西側道路・東西入り

Posted by コウ | Posted in 不動産, 土地 | Posted on 17-08-2014-05-2008

0

西側道路の場合、敷地の奥にリビングを配置すると、道路から離れていて静かですし、冬は北西の季節風があたらないため温かく、夏の強い西日も受けないので、エアコンの消費電力が軽減できます。道路からの視線がないので、開口部を広くとることもできます。洗濯物も道路から見えず、プライベート空間としてのびのび使えます。
西日の対策は必須です。眩しさや夏の暑さを避けるため、玄関や収納を西側にして、窓をできるだけ小さくしましょう。
南側はお隣さんになります。南からの日照を確保するためには、南側の家との距離が重要になります。できる限りお隣の建物からは距離をとりましょう。

センターから入る場合、居室と水周りは廊下で分離することができ、道路の反対側の東側に、キッチン、ダイニング、リビングと北から南にまとめることができ、南側の居室とリビングもつながります。
北西の端から入る場合、南西に独立した居室が作れますが、道路からの音の進入や夏の西日対策は考慮しなければなりません。
庭は南から東に大きく連続して取れます。植物は良く育つでしょう。
玄関や廊下の採光は、工夫する必要があります。

東側道路は、西側道路の左右逆の間取りでよいのですが、日照については違いがあります。朝日が当たるのですが、冬は午後には日が当たらなくなるため、寒いです。夏は、朝の日は夜間に気温が下がっているため、西日のような暑さにはなりません。それを考え、西側道路と同じように、南側から日差しを取り入れるように、南側の家との距離が重要になります。