独立型VS延長型

Posted by コウ | Posted in 住宅 | Posted on 15-09-2016-05-2008

0

和室をどこに設けようかと間取りを決める際に頭を悩ませている人は意外と多いのではないでしょうか。今までは玄関近くに独立型の和室が設けられることが多かったです。独立型の和室は、客間として利用できますし、宿泊ルームとして利用した場合も、リビングのテレビの音や喋り声などの音を気にせずにゆったりとくつろいでもらうことができます。

しかし最近では、客間にお通しするお客様が来る機会が減り、家に来るお客様は気心知れた友人や親戚なのでリビングにお通しします。客間として利用する機会がない和室は、ただの荷物置きになってしまうことが多く部屋として活用されていないのが最近の現状なのです。

最近ではリビングに延長型の和室が設けられることが多いです。リビングを広々と確保してその一角を和室にしたり、リビングの延長上に和室を設けてリビングに繋がった和室が人気なのです。普段は建具で仕切らずオープンに空間を使うことで、リビングの延長として和室を利用できるのです。子どもが遊ぶスペースや昼寝をするスペース、ママが家事を行うスペースとしてなど多目的に利用しやすくなります。一体化されたLDKと繋がった和室であれば、キッチンから和室にまで目が行き届くことで、ママは家事と育児の両立もしやすくなるのです。

いざという時は建具で仕切って和室を個室としても利用できます。宿泊ルームとして利用することもできるのです。和室をどのように利用させたいかで和室の間取りも変わってくるのです。

和室を多目的に使用できるようにするには

Posted by コウ | Posted in 住宅 | Posted on 08-06-2016-05-2008

0

和室をどこに設けるべきか、間取りを考える際に頭を悩ませる人は多いです。今までは玄関近くに完全独立型の和室が設けられることが多かったですが、最近ではリビングを広めに確保して、その一角を和室にしたり、リビングの延長上に和室が設けられることが多くなってきました。リビングと隣接した和室を設けることで、リビングの延長として和室を利用できます。

子どもが遊ぶスペースや昼寝スペース、洗濯物をたたんだり家事を行うスペースとして、多目的に和室を利用できるのです。また家族がくつろぐリビングにより広さや開放感を与えてくれるのです。いざという時には建具で区切って、和室を個室として利用させることができるようにしておくのです。そうすれば宿泊ルームとしても活用でき、和室がより充実するのです。独立型の和室の最大の魅力は客間として和室を活用できることです。時にリビングを見られたくないお客様が来ることもあります。このような場合には独立した和室があると便利です。

和室を普段はリビングの延長として多目的に使用でき、時に客間として使用できるようにするためには、2方向に動線を確保しておけばいいのです。玄関から直接和室へ行ける動線と、リビングからの動線です。客間として利用する場合には、リビングとの境の建具でしっかり区切っておけば、生活感溢れるリビングを見られることなく和室を客間として利用できるのです。より多目的に使用でき、便利な和室を設けてみてはいかがでしょうか。

和室

Posted by コウ | Posted in 住宅 | Posted on 15-06-2015-05-2008

0

和室に長押を設ける和室は数を少なくしてきました。この長押とは柱と柱を横につなぐための構造材として設けられていましたが、最近では飾りとして設置している家庭も多くなってきました。現在は純和風の和室を設けるよりは、モダンで洋風のリビングとの調和がとれた和室が求められるようになり、長押を付けない住居も多いです。

しかし長押を設けることで空間を引き締める効果があり、和室をスッキリと見せることができるのです。それだけではなく、上着を掛ける便利なアイテムとして部分的に長押を取り付ける人もいます。最近ではリビングの一角やリビングの延長線上に和室を設けるスタイルが多いです。普段使いする和室に部分的にでも長押があることで便利さを実感できると思います。

例えば、来客時着ていた上着を掛けるスペースとして活用できます。着ていた上着を床にそのまま置くのでは、お客様にも失礼ですし、衣類にシワが入ります。また空間もごちゃごちゃした印象になってしまいます。和室に上着を一時置きできる長押があるとお客様にとっても、家族にとっても便利なのです。

また神棚としてこの長押を設けている友人もいました。住宅のお守りやお札など置き場に頭を悩ませている家庭も多いと思います。和室にこの長押を設けてそれらをきちんと祀るのはいいアイデアだなと思いました。和室は以前に比べると間取りも雰囲気も使用用途も大きく変わってきました。自分達の暮らしにどのスタイルの和室が一番いいのかをしっかり考え、暮らしやすく満足できる和の空間を得たいものですね。

洋風住宅とマッチする和室

Posted by コウ | Posted in 住宅 | Posted on 31-10-2014-05-2008

0

最近では純和風住宅を目にする機会が少なくなってきました。
洋風住宅やモダンな住宅、洋風と和風を組み合わせた住宅や洋風モダン、輸入住宅など住宅のテイストも幅を広げてきました。
純和風の住宅が数を少なくなることで和室の存在が小さくなっています。

しかしどこか一室でいいから和室が欲しいと住宅に取り入れる人は多いようです。
洋風住宅にポツンと和室があるのではどこか和室が浮いて、室内の統一感も欠けてしまいます。
洋風住宅でも和室がマッチするように工夫するのも住宅の質を高めるには重要なのだと思います。

例えば和室の収納と言えば襖です。
しかし襖があることで和室の古臭い印象を払拭できません。
和室に設ける収納を吊り押入れにすることでスタイリッシュな和室部屋の収納になるのです。
吊り押入れということで下の空いたスペースは布団を畳んでおいておくのにも便利ですし、来客者が宿泊する際のたくさんの荷物をスッキリ置いておくこともできます。
照明は天井から吊るした和室ならではの照明にするのではなく、洋室でも使用するスポット照明にすることでスッキリとしたオシャレな和室になるのです。

最近ではリビングの一角に和室を設けるスタイルが増えてきました。
このような和室を設けることでフローリングと和室が違和感なく調和が取れるのではないでしょうか。
和室の窓はオシャレに細身の縦型窓で明るさを取り込んでみるのも今までの和室の雰囲気を一変できていいと思います。
日本人なら和室の居心地の良さはこれからも感じていたいはずです。
落ち着けて、周りとの調和の取れた和室を目指したいです。