ハウスメーカー選びの重要性

Posted by コウ | Posted in 不動産会社, 住宅 | Posted on 29-01-2015-05-2008

0

住宅を建てる際に非常に重要になってくるハウスメーカー選び。
我が家も新築住宅を建てることになり依頼するハウスメーカーは頭を悩ませました。
最初はテレビやCMで名を知っている大手ハウスメーカーのモデルハウスを見に行き住宅についての説明を受けてきました。
大手のハウスメーカーならではの魅力をたくさん知ることができました。

また大手ハウスメーカーばかりではなく地元に密着した工務店にも話を聞きに行き完成住宅の見学会にも積極的に足を運びました。
大手ハウスメーカーから地元の工務店まで幅広く住宅を見て、色々な営業マンの方との話の中で、我が家は地元に密着した工務店に依頼しました。
住宅は一生に一度の最高に高い買い物です。失敗はしたくありませんし、後悔もしたくありません。
理想に近い家をより実現してくれるかということ、それがきちんと予算と見合っているかということを見極める必要があります。

我が家が地元の工務店に決めた大きな理由は我々の理想とする家を親身になり話を聞いてくれ、アドバイスをしてくれたことです。
依頼者と営業マンとの相性というものも家造りには非常に重要になってきます。
また大手ハウスメーカーは製品の良さを数字や順位で表し、自社製品の良さばかりをアピールするという印象を受けました。
それに比べて地元の工務店は予算に合わせて、また依頼者が求める住宅の要素を聞きだし実現できるかどうかをきちんと見極めてくれるといった印象でした。
それで安心して地元の工務店に依頼できるなと確信したのです。

家造りはいいハウスメーカーとの出会いが大切だと思います。
住宅のデザインや機能性だけではなく、資金のやりくりや目に見えないお金の説明を事前にきちんと説明してくれ安心して家造りをできる環境を整えてくれる親切さに溢れた業者を選びたいものです。

動線を考えた家造り

Posted by コウ | Posted in 住宅 | Posted on 17-07-2014-05-2008

0

子どもが小さく共働きの世帯も多いと思います。私は子どもが小さいですが、専業主婦なので仕事をしている女性は大変だなと改めて感じます。専業主婦の私でも家事と育児は休みがないものなので日々慌ただしく過ごしています。共働き世帯でも専業主婦の家庭でもご主人の支えやサポートは非常に有難いものです。住宅に求めることは主に家事をする女性を中心に家事をしやすい動線に配慮した家造りをするのがいいと思います。

また家事がしやすい動線に配慮された間取りであれば、ご主人も次第を家事を手伝いやすく夫婦共に家事に育児に仕事に頑張れるのではないでしょうか。そこで私はキッチンを中心に回遊型の間取りがいいと思っています。キッチンからパントリー、そしてランドリーに脱衣所これらをスムーズに移動できるだけで動線が短く、家事効率を高めてくれます。料理をしながら洗濯をすることもあるでしょう。キッチン近くにランドリーを設け、洗濯が終わったらすぐに洗濯物を干せるようにしておくことで家事がしやすいのです。また洗濯室にクローゼットを設けておくと、乾いた洗濯物をスムーズに収納できるので無駄な動きなく効率もいいのです。

女性が長時間居るキッチンを中心に洗濯、洗濯物干場、クローゼットとしておくことで家事の時短となり、効率の良さもアップします。男性も積極的に家事を手伝いやすい環境を整えるのも大切なことです。夫婦が共に協力し仕事に家事に育児にと前向きに向き合える家造りを目指したいものですね。