不満の少ない家

Posted by コウ | Posted in 住宅 | Posted on 21-12-2015-05-2008

0

家は三度建てろという言葉を聞いたことがありませんか。建築家の人と何度も打ち合わせを重ね、試行錯誤しながら建てた家でも実際に生活してみると、もっとここはこうしたかった、これは必要なかったなど不満が出てきてしまうものです。人生最大の買い物となる住宅なだけに、できるだけ不満は少なくしたいものです。

住宅の不満の常に上位を占めているのが収納への不満です。一か所に大きな収納庫を設けて満足という風にはなりません。適材適所に必要なものをしっかりと片付けられる収納スペースが必要ですし、収納しているものの取り出しやすさというのも大事です。最近では収納への不満を解消するかのように収納が充実した住宅が増えてきました。それと引き換えにコンセントの位置と数において不満を抱えているという声をよく耳にします。

コンセントはたくさん設けていても邪魔に感じることはないだけに、多く設けておいた方が便利なのです。後からここにもコンセントが欲しかったと思っても容易に取り付けられるものではないだけに、慎重に位置と数は決めるべきなのです。我が家の新居でもコンセントへの不満が一番に挙げられます。

キッチンの作業スペースにコンセントを設けるべきでした。作業スペースにコンセントがあれば、ハンドミキサーや電気ケトル、フードプロセッサーなどのキッチン家電が使いやすくなります。またダイニング部分にはテー分より少し高い位置に設けたコンセントが重宝しています。携帯の充電やホットプレートを使用する際に大活躍しているのです。この位置にあることで電化製品の使いやすさが高まっているのです。コンセントの位置と数は暮らしやすさにも繋がるのです。不満ができるだけ少ない家を目指して家造りをしましょう。