セミオープンキッチン

Posted by コウ | Posted in 住宅 | Posted on 02-09-2018-05-2008

0

我が家は、対面式I型キッチンです。I型キッチンとは、コンロからシンクまでが横一直線に並んでいるキッチンの事をいいます。一般的な住宅で一番よく使用されているキッチンでもあるのです。キッチンの前に腰壁を設けており、セミオープンキッチンと呼ばれます。
リビングやダイニングとの繋がりや一体感を得ることができながらも、キッチンの前に腰壁があることで気になる手元部分をしっかりと隠すことができます。

最近ではキッチンからフラットに伸びたカウンターが設けられたフルオープンキッチンが人気ですが、これだと手元部分がリビングやダイニングから丸見えになってしまうので、調理中や調理後のキッチンが乱雑になっている状態も目に入るため、見た目を損なってしまうこともありますし、急な来客時にはスムーズに対応しにくいのです。セミオープンキッチンなら、乱雑になっていても見た目を損なうこともありませんし、急な来客時でもスムーズに対応しやすいのです。

また、壁の厚みを利用してキッチン側とダイニング側にニッチを設けることができました。キッチン側にはよく使用する調味料を整理する調味料入れのニッチを設け、ダイニング側には新聞や雑誌が片づけられるマガジンラックを設けました。そして、壁を利用してL字型にカウンターを配しました。子ども達がおやつを食べたり、コーヒーを飲みながら休憩したり、パソコンをしたりするのに最適のカウンターとなっています。キッチンを挟んでコミュニケーションを深めることもできており、私にはこのキッチンスタイルが合っているので、家事がしやすいですし、キッチンの居心地も高いです。自分に合ったキッチンスタイルで家事を楽しみながら行えるようにしましょう。

Comments are closed.