階段下の活用法

Posted by コウ | Posted in 住宅 | Posted on 06-05-2018-05-2008

0

階段をどこに設けるか、どのような種類の階段を設けるかで階段下に生まれるデッドスペースの活用法も変わってきます。今までは、階段下というと日用品や掃除機などを収納する収納庫が設けられることが主流でした。しかし、最近では階段が設けられる位置がリビング内と変化していることで、階段下のデッドスペースの活用法も多様化しているのです。

私が以前住んでいた二階建て住宅の階段下には収納庫が設けられていました。奥行のある収納庫で奥にいくほど天井が低くなっていました。照明が設けられていなかったので夜は物の出し入れがしにくかったですし、奥に収納した物を把握しにくく、奥の物を取り出す時には手前の物を出してから出さなければならず使い勝手のいい収納とは言えませんでした。

そこで新居では全く違う活用法を取り入れたのです。廻り階段の下にトイレを設けたのです。便器を設置している一部分の天井が低く、階段下ということで特殊な形状をしています。しかし、用を足すには全く問題がありますし、一部分の天井が低くても狭さや圧迫感を感じさせることはないのです。

階段の上り初めから途中までの階段下はトイレの収納スペースとして利用しています。トイレ収納としては十分な広さを確保できたことで、トイレットペーパーやサニタリー用品、子ども用便座、手拭きタオルなどトイレ内で必要な物がしっかりと収められています。特売日にトイレットペーパーを買い込んでも収納場所に困らないというのは助かります。階段下を余すとこなく上手に活用させたいものです。

Comments are closed.