トイレの収納

Posted by コウ | Posted in 住宅 | Posted on 23-10-2018-05-2008

0

トイレは狭い空間を有効的に活用しながらも、スッキリ見せる事がポイントです。トイレは他の部屋に比べて、収納する物の種類が少ないので、収納術を身につけるのに取り掛かりやすい場所です。収納の基本的な考え方をマスターしましょう。まずは、消耗品と掃除関連グッズとを、分けてまとめるところから始めましょう。

トイレットペーパー、ナプキンなどの買い置きした消耗品やタオルなどは、天井近くの棚に保管します。カゴや箱などに入れるとすっきりと片付きます。
天井近くに棚がない場合は、市販の突っ張り棚を使って棚を設置します。トイレの消耗品は軽い物が多いですが、突っ張り棚のパッケージには、最大荷重○キロと書いてあるので、必ず確認して、置く物と量を検討すれば、落ちる心配なく使えます。

トイレの掃除関連グッズも1箇所にまとめます。お掃除シート、洗剤、消臭剤の買い置きなどは引き出しや扉の付いた収納ボックスを床の隅に置き、収納します。引き出しや扉付きの収納ボックスは中の物が目に入らないので、スッキリと見えます。キャスター付きなら、掃除も楽にできます。
トイレが狭く、収納ボックスを置くと窮屈な感じがするときは、手提げカゴなどに入れた掃除グッズを、タンク裏に渡した突っ張り棒に付けたS字フックや、タンクの配管やタンク横の壁につけたフックに掛ければ、床が空き、コンパクトに収納できます。

便器掃除は、朝、トイレを使うタイミングなど時間を決めて、毎日行い、トイレットペーパーでサッとひと拭きする習慣を身につけましょう。
便器内側の細かい部分や床は、1週間に1回、お掃除シートや洗剤で掃除します。