和室

Posted by コウ | Posted in 住宅 | Posted on 15-06-2015-05-2008

0

和室に長押を設ける和室は数を少なくしてきました。この長押とは柱と柱を横につなぐための構造材として設けられていましたが、最近では飾りとして設置している家庭も多くなってきました。現在は純和風の和室を設けるよりは、モダンで洋風のリビングとの調和がとれた和室が求められるようになり、長押を付けない住居も多いです。

しかし長押を設けることで空間を引き締める効果があり、和室をスッキリと見せることができるのです。それだけではなく、上着を掛ける便利なアイテムとして部分的に長押を取り付ける人もいます。最近ではリビングの一角やリビングの延長線上に和室を設けるスタイルが多いです。普段使いする和室に部分的にでも長押があることで便利さを実感できると思います。

例えば、来客時着ていた上着を掛けるスペースとして活用できます。着ていた上着を床にそのまま置くのでは、お客様にも失礼ですし、衣類にシワが入ります。また空間もごちゃごちゃした印象になってしまいます。和室に上着を一時置きできる長押があるとお客様にとっても、家族にとっても便利なのです。

また神棚としてこの長押を設けている友人もいました。住宅のお守りやお札など置き場に頭を悩ませている家庭も多いと思います。和室にこの長押を設けてそれらをきちんと祀るのはいいアイデアだなと思いました。和室は以前に比べると間取りも雰囲気も使用用途も大きく変わってきました。自分達の暮らしにどのスタイルの和室が一番いいのかをしっかり考え、暮らしやすく満足できる和の空間を得たいものですね。

屋上テラスのある家

Posted by コウ | Posted in 住宅 | Posted on 03-06-2015-05-2008

0

先日新築住宅を建てた友人宅へ遊びに行きました。その友人宅には庭がないな~と思っていたら、なんと屋上に庭が設けられていたのです。面積の広さ的に庭を設けることができないので、頭を悩ませていたそうですが、屋上テラスを提案され迷いなく設置したそうです。

実際に屋上テラスで過ごさせてもらいました。通常の庭に比べて開放感がたっぷりで、近隣住民や通行人の視線を全く気にしなくていいので、よりプライベートな空間という感覚が高いという印象を受けました。住宅地であっても広い空を間近に感じることができますし、遠くに見える景色を満喫しながら過ごすことができます。眺望を楽しむには最高の空間だと思います。

視線を気にしなくていいので友人や親戚を招いてバーベキューなどをしても開放感たっぷりで、プライバシーも確保されているので居心地の良さも高まること間違いありません。また通常の庭とは違い、小さい子どもが遊んでいても急に道路に飛び出す心配もありません。また知らない人が侵入してくるという心配もないので安全性も確保できるのです。

我が家には小さい子どもがいるので、その友人宅の屋上テラスで遊ばせても不安な要素が全くなくていいなと思いました。最近では屋根に太陽光パネルを設置する家庭が多い中であえて屋上テラスにした友人宅を見て素敵だなと改めて思いました。家族で過ごす時間をより素敵なものにしてくれることでしょう。マイホームはこのように楽しみ方の幅を広げてくれるような空間を持ちたいものです。