リビング階段

Posted by コウ | Posted in 住宅 | Posted on 11-05-2015-05-2008

0

最近リビング階段を取り入れる家庭が増えてきました。我が家の新築住宅にもリビング階段を取り入れました。リビング階段には賛否両論あります。我が家がリビング階段を取り入れた理由は家族がいつまでもコミュニケーションを大切にできるような家にしたかったからです。

子どもが小さい間はリビングで家族と共に過ごす時間が当たり前ですが、中学生頃になると自分の時間を過ごすようにもなります。思春期を迎えると親と会話することも、顔を合わせることも嫌がるようになります。このような時期、リビング階段でなく玄関近くに階段を設けておくと、帰宅してそのまま直接二階の自分の部屋へ行けます。親は子どもがいつ帰宅していつ外出したのか分からないということもあるかもしれません。これは家庭環境悪化にも繋がります。

その点リビング階段にすることで家族のいるリビングを必ず通らなければ二階の自分の部屋へは行けません。リビングで家族が顔を合わせることで、親は子どもの表情を伺え、変化にも気づいてあげられやすくなります。また顔を合わせる機会が多いことで自然とコミュニケーションを取りやすくもなると思います。建築家の人はリビング階段にすることで子どもの犯罪率が減るという話もしていました。

我が家は子どもが成長しても家族とコミュニケーションを取ることを大切にできるような家にするためにこのリビング階段を取り入れることにしました。

しかしテレビでリビング階段にすると二階の冷気が階段を伝ってリビングに流れ込み、いつも足元がひんやりして体調を崩しやすくなると言っていました。メリット・デメリットありますが、自分達のライフスタイルに合わせて選びといいのかもしれません。