売買価格の設定と交渉

Posted by コウ | Posted in 物件価格 | Posted on 23-12-2010-05-2008

0

中古住宅や中古マンション、また新築で注文住宅建てるための土地を購入する場合に様々な物件情報を集めることだと思います。
不動産情報誌やインターネット使っての不動産会社のホームページを見たり、不動産会社に物件探しの依頼をしたり。
各不動産物件にそれぞれの売買価格が付いているわけですが、その売買価格がどのように設定されているかを今回お話ししてみようかと思います。
不動産物件を売ろうと考えた方の大半が不動産会社に売却の相談をします。
売却の相談を受けた不動産会社はまずその物件の査定を行います。
中古マンションや中古住宅の場合はその物件の築年数や状況を、土地の場合は周辺環境などを調べて媒介契約の期間である3ヶ月で販売できるであろう価格を査定価格として売却希望者・売り主に提示するのです。
査定で算定した金額と売り主の希望する金額とが折り合えばその金額で媒介契約というのを結んで不動産市場に公開されるわけです。
査定をした段階で周辺の不動産市場価格と中古住宅や中古マンション、土地そのものの地価などが考慮されています。
買い主側にとって高いと感じることも多々あると思いますが周辺の物件の売買価格から価格が飛びぬけていない限りは妥当だて良いでしょう。
不動産物件を気に言った場合、その物件に対して売買購入の申し込みをするわけですが不動産会社と相談して売買価格よりも少し安く金額を入れて申し込みをしましょう。
そこからが不動産会社を仲介とした売買契約の金額交渉が始まります。
あまり安く金額を入れて申し込みをしてしまうと売り主からの印象が悪く、その後交渉すらしてもらえなくなることもあるので注意しましょう。